岡庭建設のスタッフブログ  住まい手様とスタッフの交流ブログ


by team_okaniwa

<   2013年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

「そらさかきの家」

そらさかきの家

配筋検査を行いました。

設計図を基にオカニワワークスの職人さんが

緻密に鉄筋の長さや配置、定着長さを見事に計算して施工します。

c0127058_17472060.jpg


(定着長さとは、鉄筋量の異なる基礎同士お互いを一体化させるために
それぞれの基礎に鉄筋がのみ込む長さとなります。)063.gif

設計担当の方で、設計図との照合を行いながら検査を行い

現場担当の方で、品質管理を行っています。

c0127058_17471030.jpg


こちら、新人の中山君。

田中隊員の指導のもと切磋琢磨しております。

後姿が頼もしいです。037.gif

もう少しで基礎工事が完了します。

芸術品のように綺麗な基礎。

楽しみです!(^^)!

by yasui
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-30 17:47 | yasui
 こんにちわ、小森です。昨日めでたくmakoto-T-houseさんが上棟いたしました。
c0127058_14048100.jpg
c0127058_1422372.jpg
写真に写っている「ばってん」は仮筋交いと言って、柱と梁の直行が狂わないように留めつけているものです。これは壁ができると取り外していきます。
c0127058_14194067.jpg
ここは1階の階段室になる部分。明りの落ち方がいい感じです。基礎工事から棟上げまで順調なmakoto-T-houseさん、このまま事故なく進むことを祈ります。
お施主さま、上棟まことにおめでとうございます!!!
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-30 14:30 | komori

before→after

「紺屋の白袴」
・・・人の白い袴を紺色に染める紺屋が、染める仕事に忙しく、自分は染めていない白色の袴をはいていることから。
転じて、他人のことにばかり忙しく、自分自身のことに手をかける暇がないということ。

まさに、岡庭建設の下駄箱がそんな状態でした008.gif

それがこちら↓

c0127058_153504.jpg


これではいかん、ということで
齋藤大工の頑張りもあり

c0127058_154528.jpg


ようやくOKANIWA STYLEの下駄箱ができました!!

c0127058_1563967.jpg


出来上がったところで記念撮影001.gif
齋藤大工おつかれさまでした!

c0127058_15142185.jpg


TAKIGAWA
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-29 15:16 | takigawa
先週の週末は運動会日和で、良いお天気でしたね

心地良いお天気の中、『南田中のつらなる家』さんの見学会がありました

今回は親世帯さんのお披露目です

なんといっても緑の多いお庭と、平屋建てが魅力のお家です
c0127058_2025347.jpg

窓から見えるキンカンの木は、以前のお庭にも植わっていたもの

今年もたわわに実をつけました

畑の得意なお母様とお孫さんのたわむれる姿が目に浮かびます
c0127058_20264154.jpg

広報西田嬢。

決してサボっているわけではなく、ついついこうしていたくなるお家なんです

お越しいただいた皆さんの感想は、「都内でこれだけの広さの平屋。理想ですよね・・・」

としばし現実逃避。

でも良いんです!暮らし方は様々ですから。

とはいえ、「南田中のつらなる家」のお父様、本当に嬉しそうで、私まで嬉しくなりましたよ

ご竣工誠におめでとうございます003.gif




by イトエリ
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-27 20:31 | ito

maki-to-kiの家 祝上棟式

日中の暑さが夕暮れの涼しさにかわる頃「maki-to-kiの家」にて上棟式が行なわれました001.gif
c0127058_20582924.jpg
家の四隅をお清めして回ります。
c0127058_2059185.jpg
c0127058_20592194.jpg
家族一人一人がお清め、家族がいつも一緒に行動します037.gif
c0127058_2059367.jpg


建て方に尽力してくれたワークスのメーンバーたちとの会話にとても楽しそうにしていたご家族が印象的でした。

完成まであともう少し、これからが楽しみです!!
「maki-to-kiの家」の皆さま、素敵な上棟式をありがとうございます001.gif

by seri
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-26 21:22 | serizawa
田無町の家
完成まであと一息です!
c0127058_19225297.jpg

写真で見えている窓は2階の窓なのですが、お向かいにかわいいお花が咲いていたので
ちょっと拝借056.gif


c0127058_19264696.jpg

そしてこの窓、室内側からはこんな感じです。
2階の窓ですよ。

6月には完成見学会が開催されます。
一体どんなおうちなのか、全貌を見にいらしてくださいね003.gif

TAKIGAWA
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-20 19:41 | takigawa

小谷先生!

リフォーム工房が大変お世話になっている『マスタープラン』の小谷さんが

採寸を行う現場に同行させていただきました!

採寸をする際の手順、注意点などを流れるトークにのせてご説明いただき、

実際にその作業をレクチャーしていただきました
c0127058_14275827.jpg

二人で計測した方が早い個所は小谷さんが採寸し、その様子を池田さんが撮影

するという、何とも素晴らしいコンビプレーで次へ次へと進みます
c0127058_14292173.jpg

惚れ惚れする作業の早さと、手順の良さに加えて、マダムキラーの称号通り

楽しいおしゃべりを交えるあたりがマスタープランさんのすごさなのだと思います。

計測に必要な道具は至ってシンプル。
c0127058_14324984.jpg

文明の利器を上手に使う。

無駄な動きの少ないコンビネーション。

拾い落としのない採寸。  などなど・・・大変勉強になりました

マスタープランさん、ありがとうございました041.gif



by イトエリ
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-20 14:42 | ito
5/11(土)・12(日)「みたかのおうち」完成見学会。
c0127058_858125.jpg
長方形の敷地を活かした暮らしがここにはじまります。
c0127058_8584886.jpg
リビングの大きな窓からは、外に繋がるデッキテラスとプライベートガーデンを眺めることができます。
プライベートガーデンにはシンボルツリー。
その木々は、キッチンに立つ奥様からも眺められ、光や風を感じながら食事の支度。
キッチンからは、ワークスペースに腰掛け勉強する子供たちや和室でごろごろするお父さんの姿も一望することができます。
c0127058_8585165.jpg
キッチンは三鷹のお家だけのオリジナルキッチン。
奥様の身長に合わせて90㎝の高さにし、天板はステンレスに。
そして、たっぷりの収納をつけました。
c0127058_8585744.jpg
リビングの一画には小上がりがあり、ここでくつろいだりお洗濯ものをたたんだり。
お客様がいらしゃった時には客間にすることもできます。
c0127058_8585883.jpg
2階には和室が1間つくられました。
ロフトとつながった和室はとても開放感のある明るい場所。
c0127058_8591888.jpg
そしてお子様遊び場となるオープンルーム。
将来は真ん中に収納を置いて、二部屋に仕切る予定になっています。
c0127058_8574672.jpg

5月らしい心地良い風の吹き抜ける、絶好の見学会日和でした。
ご来場、誠にありがとうございます。

家族の気配を常に感じられる「みたかのおうち」
家のネーミングは、幼いお子様たちが付けたネーミング。

愛着ある家は、きっと長きにわたり住み続けてくれることでしょうね!

nishida
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-20 08:58
4/27(土)、28(日)に埼玉県志木市にて「四季彩の家」完成見学会がおこなわれました。
「四季彩の家」は不思議な方向を向いて建っているお家です。
c0127058_11471623.jpg
街中でよく見かけるのは、道路に沿って平行に建っているお家ばかり。
どの家もそんなふうに建っているけれど、それは何のためなのでしょうか?
四季彩の家ではそんな常識を覆すように、敷地のなかに斜めにお家が配置されています。
c0127058_1148549.jpg
四季彩の家が向く方向は、道路ではなく太陽。
太陽と向かい合うことで、四季の自然エネルギーを無駄なく利用することができるのです。
c0127058_11485751.jpg
これからの暑い季節は、大きな庇で太陽の日差しを遮り、南から吹く風を大きく取り込みます。
冬の寒い季節には暖かい太陽の日差しを室内にとりこみます。
太陽熱を利用するパッシブソーラーも、太陽と向かい合うことで、最大限の力を発揮することができます。
c0127058_11493671.jpg
また配置の工夫によってできた大きな植栽スペースには、四季を楽しむことのできるたくさんのシンボルツリーが植えられる予定です。

ふしぎな姿をした四季彩の家ですが、じつは四季の恵みがもたらす自然な姿だったのです。
まさに四季を彩る家なのです。

c0127058_11494639.jpg
当日は、見学会場では「飛騨家具」の展示会を同時開催しました。
家具を提供してくれるのは、たくさんの有名旅館やホテルにも家具を提供している柏木工株式会社。
http://www.kashiwa.gr.jp/
c0127058_1150272.jpg
四季彩の家の雰囲気や暮らしにあわせた家具を提供&コーディネートしていただきました。
木をふんだんに使い、職人の技によってつくられる家と家具には、お互いを引き立てあい居心地の良い空間をつくる可能性が秘められています。

ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。

nishida
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-19 11:50
4/27(土)におこなわれた、「匠の家」完成見学会報告です。
匠の家は板橋区に建てられた、木造3階建て住宅。
わずか20坪の土地に床面積30坪のお家が建ちます。
c0127058_10291592.jpg
匠の家は都会に建っているにもかかわらず、森のなかで暮らしているようなお家です。
その森の正体ですが、実はお隣にある神社の樹々です。
イチョウやケヤキなどの大木が伸び伸びと育ち、地域一帯に安らぎある自然の恩恵をもたらしています。
巡る季節の中で、きっと四季折々の風景を楽しむことができるのでしょう。
またこれからの暑い季節には、森からの涼しく爽やかな風が家の中を吹き抜けていくことでしょう。
c0127058_1030137.jpg
中に入ると、狭さを感じさせないための工夫や収納の工夫がたくさん。
LDKをワンルームのように設けできるだけ壁をつくらないことで、視界の広がりや家族とのつながりをつくりました。
c0127058_1036309.jpg
リビングの小上がりの壁には、住まい手さんの色鉛筆コレクションを飾る棚がつけられました。
c0127058_10295329.jpg
窓の配置を工夫することで、3階にある個室は、とっても開放感ある明るいお部屋に。
c0127058_10361181.jpg
天井の低い部分を収納にすることで限りあるスペースを有効活用しています。
c0127058_10362477.jpg
また各階には、住まい手さんのご希望で、ハンモックをつるすことのできる金具が取り付けられました。

当日は、1日での開催にも関わらず。たくさんのお客様にご来場いただくことができました。
誠にありがとうございます。

nishida
[PR]
by team_okaniwa | 2013-05-18 10:37