岡庭建設のスタッフブログ  住まい手様とスタッフの交流ブログ


by team_okaniwa

小森隊員の建築探訪記2 東京ガスすみかプロジェクト

 小森です。建築探訪記2回目の今回は東京ガス主催のすみかプロジェクトです。
建築家の伊東豊雄さん、西沢大良さん、藤本壮介さん、藤森照信さんの建築を1件ずつ見学しに栃木県の宇都宮まで行ってきました。
c0127058_18423633.jpg
 まず最初は伊東豊雄さん設計のSUMIKAパヴィリオン。幾何学模様の梁と壁で構成された構造躯体にガラスが嵌め込まれた建築で内部では木陰にいるような感覚です。
c0127058_18425097.jpg
 次の建築は西沢大良さん設計の宇都宮のハウス。光が透過する屋根材や断熱材を用いて頭上から太陽の光が降り注ぎます。室内が暑くなりすぎないように、自然の風を屋根内に取り入れる仕掛け(写真左上緑色部分)もあるプリミティブな建築です。
c0127058_18431068.jpg
 3件目は藤本壮介さん設計のHouse before House。2.5メートル四方の立方体を積み木のように重ねたり並べたりする構成によって外に開く部分、洞穴のように閉じる部分、その中間の木陰のような部分など多彩な空間を造り出しています。空間的なおもしろさが随所にあって楽しい建築です。
c0127058_18432232.jpg
 そして最後の4件目は私の尊敬する建築家の一人、藤森照信さん設計のコールハウス。名前の由来は焼き杉と言って外壁に使っている杉材の表面を焼いて炭化(炭なのでコール)させたことによるそうですが、某有名オランダ人建築家の名前のダジャレという噂も…われらが池田隊長は杉焼き過ぎと言ってました。(笑)
c0127058_18433772.jpg
 こちらはコールハウス内部の茶室。藤森さんは綺麗に造り過ぎない事をいつも考えているそうですが、それこそが自然なのかもしれません。私は住宅設計の中でいかに線をそろえてラインを見せるかを考えていますが、藤森さんのような設計もいつかしてみたい…
[PR]
by team_okaniwa | 2010-05-29 21:49 | komori